あまげん

栗まんじゅう・羊羹・栗菓子通販は愛媛県のあまげんへ

送料無料
お電話でのご注文は0120-23-9566

 

メルマガ

携帯ページ

釣月庵便り

釣月庵便り

こんにちは。
たくさんのアクセスお待ちしております。

店長日記はこちら >>

HOME»  コンテンツ»  あまげんの歴史

あまげんの歴史

あまげんの歴史01昭和7年秋、職人の時森永創業者森永太一郎氏来店「終始一 貫」書賜る
昭和7年香川県琴平町「へんこつ庵」岩崎菓子店入店吉井明仙師に師事
あまげんの歴史02
森永創業者
森永太一郎氏 あまげんの歴史07
あまげんの歩み

最近、和洋菓子を通じて栗は食材として注目の品となっております。
この大粒の栗を丸ごと入れた饅頭を四国で最初に創ったのが当社創業者の内田元一です。大正元年生まれの元一は菓子の道を志し、当時優秀な菓子の技術者が多 くいた中国へ渡って修行を積み、昭和14年に愛媛県新居浜市で甘元本舗を創業しました。
 砂糖が不足していた時代に何とか「甘み」を提供したいという思いから、名前の「元」を合せて「甘元」の名前が誕生しました。
(平成元年に「株式会社あまげん」に改称)
看板もない小さな店構えでしたが、味が評判を呼び今でいう行列ができる店として名を馳せるようになりました。しかしその後戦況が悪化し原料の調達も困難に なり、年間砂糖使用量の少ない店は合併させられることになりました。元一は合併会社の工場長として招かれましたが戦況の激化により閉社。中国へと出兵し波 乱の青年時代をおくりました。
 昭和20年終戦。帰還した元一は芋を飴に炊き加工した飴菓子を近所のお寺の縁日で売ることから「甘み」の道へと再び復活し、昭和25年、愛媛県四国中央 市川之江町にある現在の本店横に店を構えたのです。
 昭和34年、現天皇陛下のご成婚にあたり「せとうち羊かん」を宮中へ献上する機会に恵まれ、以降昭和天皇、秩父宮妃殿下に自社製品を献上する栄誉を浴し ました。
 こうして戦後の混乱期を乗り越えて、昭和43年に工場を建設、54年には新工場を現在の場所に建設移転しました。
その間、映画監督の松山善三さんに「瀬戸の栗」讃詩を賜り、俳人の中村汀女さんからも「栗寄せて/こよなきものを/作るとて」という句を詠んでいただきま した。
お菓子を通じて多彩な方々との出会いにも恵まれました。
創業者の想いは、「人との結びつきを大事にして、落ち着きと奥行きのある菓子屋として成長してゆきたい」という現社長の願いとして受け継がれております。
あまげんの歴史03
昭和34年3月25日、皇太子殿下美智子妃殿下(現天皇皇后両陛下)ご成婚に際し「せとうち羊羹」献上。宮中賢所 において甘露寺典長に直接献上する。
あまげんの歴史06
あまげん創業者
内田元一
あまげんの歴史08
あまげんの歴史04まだ看板もあがっていない昭和14年3月創業時の当店 あまげんの歴史05

あまげんの歴史09
現在の本店店内 (左右写真)
あまげんの歴史10